キュプラの洗濯方法!家で洗うよりもクリーニングに持って行くのが無難?

投稿日:

キュプラはレーヨンやポリノジック、リオセルと同様に再生セルロース繊維と呼ばれるカテゴリーに入る化学繊維のひとつです。

女性物のワンピースやスカート、スーツの裏地などキラキラしている光沢上の素材です。吸湿性と放湿性が良いので、ジメジメした日でも着ていて肌が快適に感じるという特徴を持っています。

さてそんなキュプラですが、デリケートな素材ということもあって自分では洗濯ができないものもあります。

本記事ではキュプラの特徴や洗濯の仕方についてご紹介します。

キュプラの性質や特徴

キュプラの特徴は

  • シルクのような光沢と肌触り。
  • ドレープ性(衣装などの布生地が ダンスなどで回ったりした時に 綺麗に拡がる性質)がある。
  • 吸湿性があるため暑い日に着用しても爽快感がある。
  • また放湿性もあるため静電気が発生しにくい。

というものであなたをキレイに見せてくれつつ、着心地も良いという一品です。その反面、摩擦に弱く羽毛立ちしやすいというデメリットを持っています。

どれくらい摩擦に弱いかというと、キュプラの衣類についたシミをこすって取ろうとすると羽毛立ちするくらいには弱いです。その洗濯時には細心の注意を払う必要があり、ものによってはクリーニング屋さんに出す方が良いものもあります。

キュプラとレーヨンの違い

レーヨンは肌着の裏地やシャツなどにもつかwレている素材です。

キュプラはよくレーヨンと質感が似ているといいます。確かにキュプラ同様シルクのような光沢があり、肌触りも近いものがあります。

そしてキュプラとレーヨンの違いですが、レーヨンはキュプラよりも繊維が太くキュプラと比べて耐久性が弱いというデメリットがあります。また木材パルプを原材料に作られていて水に弱く、水洗いでかなり縮んでしまいシワになりやすいです。

レーヨンはキュプラ以上に自分で洗濯するのが難しい素材と言えるでしょう。

キュプラの洗濯方法

続いてはデリケートなキュプラの洗濯方法について解説します。

水洗い不可かどうかチェックする

と、その前にまず確認して頂きたいことがあります。服のタグを見てください。

このようなマークが付いている場合は洗濯機で洗うことができません。普段から家事をされる方ならご存知かもしれませんが、このマークは水洗い不可を意味しています。

水洗いをしてしまうと形状変化を引き起こす可能性があるため、このマークが付いている衣類を洗濯する場合は丁寧に手洗いで行う又はドライクリーニングに出す必要があります。

後述しますが、手洗いで行うのもかなり面倒で慎重に行う必要があるので、クリーニング屋さんの職人からしても「クリーニングに出した方が無難」というのが一般的な解答です。

中性洗剤を用意する

ご自身の手で洗濯をしたいのであればまず必要なのは中性洗剤を用意します。「エマール」や「アクロン」のようなものです。「おしゃれ着洗剤」などと呼ばれたりもします。

キュプラは上述の通り非常にデリケートな素材であるため通常のアルカリ性の洗剤ですと強すぎて衣類を傷つける恐れがあります。

余談ですが中性洗剤はキュプラ以外にも、生地が伸び縮みしやすいものや色落ちや毛玉の発生が心配な物にもおすすめです。

30℃以下の水を使用する

中性洗剤を薄めるために水を使うことになりますが、お湯やぬるま湯を使うとキュプラの素材は痛む可能性があります。洗うときは30℃以下の水を使用するようにしましょう。

短時間で手洗いを済ませる

手洗いが可能が可能なものもあるとは言いましたが、それでもキュプラは水にぬれてしまうとシワが寄ることや縮んだりする可能性があります。

そうならないためにも水に濡らす時間は最小限にする必要があり、こまめに脱水を行ったり、10分以上の長い時間水に浸らないようにする必要があります。人によっては30秒程度の押し洗いで終わらせる人もいます。

キュプラの場合、酷い汚れでなければ短時間の手洗いで問題なくキレイにできるので、無理に洗おうとする必要はあまりないです。

こするのではなく押し洗いをする

キュプラは少しの摩擦でも痛む可能性がある衣類です。そのためこすって洗おうとすると衣類を傷めることになります。洗う際は”こする”のではなく”押す”ようにして洗いましょう。

キュプラの洗う点順

  1. シンクや桶に水を張り、水量にあうように中性洗剤を入れて溶かすことで「洗浄液」を作ります。
  2. できた「洗浄液」の中に衣類を入れます。その際に洗濯ネットを用意すると脱水するときに楽になりますので、可能であれば脱水ネットに衣類を入れた状態で洗うのが良いでしょう。
  3. そのまま服を手のひらで押して離しての要領で洗います。このときに長時間水に浸してしまうとキュプラが駄目になる可能性があるのでナルハヤで終わらせます。
  4. 洗い終わった衣類を洗濯機の脱水に掛けます。このときの脱水時間は10秒ほどあれば十分でしょう。
  5. シンクや桶の洗浄液を捨て、そこに水を入れてすすいでいきます。押し洗いと同じ要領で短時間で行います。二回ほど水を交換すればキュプラに付いた洗浄液も落ちることでしょう。
  6. 形を整えてから、もう一度10秒ほど洗濯機にて脱水を行います。
  7. 人によってはここで柔軟剤仕上げをします。シンクに柔軟剤と水を混ぜたものを用意し、10秒ほど浸したのち再度洗濯機の脱水機能で10秒ほど脱水を実施。
  8. 最後はバスタオルなどの大き目のタオルにてキュプラ衣類を挟み込む形で、残った水分を吸い取れば完了になります。

その後は洗濯ものを干せば完了です。正直キュプラは他の一般的な衣類と違ってかなりメンドクサイです。(水に浸す→脱水の工程が多いです)

水に弱い素材であるからこそ、これだけ細かくてわけて作業を実施しなければなりません。

まとめ

キュプラを洗濯するのであれば、安心・安全のクリーニング屋のドライクリーニングがおすすめです。

もし家庭で行うのであれば、中性洗剤で丁寧に押し洗いをして、こまめに脱水をする必要があります。

キュプラを用いた製品は基本的に高価なものが多いため、洗濯をする際は細心の注意を払う必要があります。

一度洗濯すれば中々汚れが付きにくいので自分で洗うのに自信が無い方は、たまにクリーニングに出すという方法でメンテするのが無難です。

キュプラのクリーニングなら宅配クリーニング

キュプラの洗濯をするのであれば自分で行うよりも宅配クリーニングがおすすめとお話しました。

ですが、店舗型のクリーニング屋さんの場合営業時間が19時までであることが多い上に休日は混雑が予想されます。

  • 普段仕事が忙しい
  • 帰宅が遅い
  • 外出することが困難
  • 子供が手が掛かる年齢
  • 自宅からクリーニング屋が割と遠い

という人には時間的・体力的にクリーニング屋を利用するのは困難かと思います。

衣類って実は結構重くて、スーツ上下×2・ワイシャツ5枚・バスタオル3枚も洗い物があればそれだけで4~5kgしてしまいます。普段仕事や家事で疲れている方やご高齢の方にはかなりの重労働になってしまいます。

また、店舗でも引き取りのデリバリーがありますがどうしても高額になってしまいがちです。そこでオススメしたいのが宅配クリーニングになります。

↓宅配クリーニングと店舗クリーニングを比較すると以下の通り。

宅配クリーニング 店舗クリーニング
受付時間 24時間いつでも 営業時間内。また休日・祝日は混雑が予想される
手間 ネットで申し込めば自宅まで取りに来て、仕上がれば配送してくれる 重たい服を自分で持ち込む必要がある
料金 全国一律 店舗によってバラバラ
仕上がりスピード 最短2日で4日前後でお届け 最短即日(ご自身が引き取りに行けるか次第で変化)
品質 無料オプションがついてるものが多い 通常料金の場合は大体がノーマル仕上げ

といった感じです。

「出勤前の朝は閉まっているし、残業していたら閉店まで間に合わない」
「持ち込むのが重いので、妊娠中の私や高齢で体力のない俺には難しい」
「毎日仕事で疲れてしまって自分で洗うのも面倒だし、せっかくの休日にお店に持ち込むのもしんどい」
という人は宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょう?

クリーニングに出して戻ってくるまでの流れですが、以下のようになります。(こちらはリナビスの例)

  1. 会員サイトに登録して自分が希望するコースや衣類の数を指定します。
  2. 宅配クリーニング屋さんから届くキットに衣類を詰めて集配係に引き渡します。
  3. 後日クリーニングした衣類を発送(リナビスでは冬物のコートなどは半年間保管することも可能)

スマホ1台と家でのちょっとした梱包作業でクリーニングが完了してしまうのが宅配クリーニングの素晴らしいところです。

実際に使ってみた結果おすすめの宅配クリーニングはこちらになります。

定期利用・普段着のクリーニングなら「リネット」

宅配クリーニングで一番オススメなのがリネットになります。

ワイシャツが1着290円と決して店舗型のクリーニングと比較しても高くはなく、月390円を払うことでなれるプレミアム会員では最短2日で衣類を仕上げてくれます。

価格が安く・配達速度も速く・品質も良い、と洗濯するのも一苦労な多忙なビジネスマンや育児に追われるママさんにも好評です。

しかも料金は往復込みの価格なので時間の節約なども考えると、店舗クリーニングよりもコスパが良いのは明白です。

私の場合は毎週

  • ワイシャツ5枚(1着290円×5=1,450円)
  • スーツ上2着(1着950円×2=1,900円)
  • スーツ下2着(1着660円×2=1,320円)

という感じでクリーニングに出しています。(冬場は汗をあまりかかないからスーツの枚数が減りますが・・・・)

宅配でこれだけ便利なのに4,670円で済むので助かっていますし、また毛玉を取り除いてくれたりリファイン加工などのオプションも無料なので大変重宝しています。

初回は50%OFFで利用できますので、「洗濯をするのに疲れた」という人は試してみてはいかがでしょう。

コートやブランド品はリナビスがオススメ

普段から着る服は「リネット」の方が料金的にお得ですが、冬物などのシーズン限定物やブランド品は「リナビス」をオススメします。

リナビスでは、地域密着の職人が細かい手作業で行うクリーニング宅配の要素が合わさったサービスを提供しています。

20年以上のキャリアを誇る職人たちが「おせっかい」と言われるくらいキメ細かいクリーニングを提供してくれます。「人の顔が見えないから不安」という宅配クリーニングに関する悩みを払拭してくれること間違いなしです。

そのキメ細かい仕事の様子は東京テレビ2018年6月7日の「カンブリア宮殿」にも取り上げられ、頼んでもいないのに、預かった衣類の気になる箇所を修繕して、一番いい状態に戻してくれる。

「ほつれ修繕無料」「シミ抜き無料」「ボタンの取り付け無料」など、かゆいところにまで手が届く“おせっかいクリーニング”と称されていました。

 

リナビスの料金は点数制でどれでも10点預けて10,800円というような形を取っています。そのためワイシャツやTシャツなどの普段着を定期的に出す分には割高になります。

ですが「高いブランド品や衣替えでコートなどをクリニーングに出しまくりたい」という人には割安利用が可能ででしかもベテラン職人ばかりなので安心して預けることができます。

 

またリナビスでは「最大6ヶ月の長期保管」が無料で利用することができます。衣替えの場合であれば冬物や春物などの1シーズン限定のコートをクリーニングに出したついでに預かってもらえば、置き場所を圧迫しないで済みます。

職人による高品質なクリーニングを是非堪能して欲しいところです。

-洗濯ノウハウ

Copyright© 宅配クリーニングおすすめ比較「洗濯ナビ」 , 2018 AllRights Reserved.