クリーニングチェーン料金比較5社!おすすめ・安いお店を紹介!

クリーニング 安い チェーン 店 クリーニング業者

衣類をキレイにしたいと思いクリーニング屋さんに行くと、「え?こんなに高いの?」と思わずビックリすることがありますよね?

このページでは、世の中に数あるクリーニングチェーンから「安い値段のお店はどこか」を徹底比較しました。

このページを料金を参考にすれば、大まかなクリーニングの相場が分かります。

また、チェーン店のクリーニング屋さんと同時に、近年注目されている宅配クリーニングも紹介するので、「安さだけでなくクオリティも気にしたい」というコスパが良いサービスが気になるあなたは最後までご覧ください。

チェーンクリーニングのおすすめ5店

今回、数十社以上あるクリーニング店の中から、全国的に展開している店舗数多いチェーンクリーニング店を5つまで厳選しました。

  • 白洋舎
  • ポニークリーニング
  • ホワイト急便
  • うさちゃんクリーニング
  • クリーニングスワローチェーン
  白洋舎 ポニー ホワイト(参考) うさちゃん(参考) スワロー
ワイシャツ 350円 220円 110円 209円 250円
スーツ(上) 1,230円 700円 450円 638円 740円
スラックス 670円 500円 315円 550円 550円
スカート 600円 500円 315円 550円 650円
ワンピース 1,300円 850円 1,350円 1,490円 1,080円
セーター 600円 500円 315円 396円 550円

料金比較で見ると、「ホワイト急便」が安いです。その一方で、品質は値段が高い分「白洋舎」が優れているというのが当サイトの結論です。

各クリーニング店の特徴をザックリまとめました。

白洋舎

白洋舎

創業100年以上で全国に多数の店舗を構えているクリーニング業界の大手で、最新の機材や教育が行き届いた人材が上質クリーニングを提供してくれます。また保管サービスや集配・宅配などのサービスもあります。

独自開発で日本初のドライクリーニングを導入したこともあり、ドライクリーニングの技術が高いのもメリット。

値段は若干高めですが、その分高級衣類のクリーニングに適しているお店と言えます。高級衣類・ブランド物の洋服やバッグなど大切にしているものを持ち込む人におすすめ。

白洋舎の公式サイトはこちら

ポニークリーニング

ポニークリーニング

ポニークリーニングと言えば、言わずと知れた大手クリーニングチェーン店です。首都や中京区を中心に全国に750店舗、19事業所を展開しています。

クリーニングチェーンとしては珍しく研究室を保有しています。研究室では新素材の研究やそれに伴うクリーニング技術の蓄積、次々と生まれる溶剤・洗剤のテストなどを行い、品質向上に務めています。

大手洗剤メーカーとコラボレーションしオリジナル洗剤を共同開発、また業界でいち早く導入した形状記憶クリーニングの研究を行っています。その結果「ダブルフレッシュ洗い」実現しています。

ポニークリーニングの公式サイトはこちら

ホワイト急便

ホワイト急便

日本最大級のクリーニングチェーンのホワイト急便で、40周年を迎えて7,000もの店舗を誇る全国チェーンのクリーニング屋さんです。

最短即日仕上げが可能な当日サービスにも対応している店舗も多いので、こちらも急ぎの選択肢になります。
シャツや和服はもちろんのこと、じゅうたんに靴など様々なものをクリーニングすることが可能になっています。着物も対応可能です。

ホワイト急便の公式サイトはこちら

うさちゃんクリーニング

うさちゃんクリーニング

うさちゃんクリーニングは東日本を中心に700店舗以上を展開し50年の歴史があるクリーニングチェーンでウサギがトレードマークのお店です。

環境に優しく衣類に安全で値段が安くて速いです。会員特典やシニアDAYなどお得情報も多数あります。10時30分までに預ければ最短で即日19時以降の受け取りが可能の、当日仕上げを安くできるクリーニングです。

「保湿剤にも使用される天然椿オイルを配合」「天然柿の実抽出エキスで消臭効果」などなど、自然の成分を使って実績と品質で大切な衣類を守ってくれます。

うさちゃんクリーニングの公式サイトはこちら

クリーニングスワローチェーン

スワローチェーン

クリーニングのスワローチェーンは東京都内に200店舗以上展開しており、地域に合わせたサービスを提供する安心品質のクリーニング店です。

都内で幅広く展開しているクリーニングチェーン店です。受付BOXがあるので24時間いつでも投函することが可能です。

洋服に応じて様々なコースを用意していたり、染み抜きや撥水加工、折り目加工など洋服を大切にするためのオプションが多数ついています。

皮革製品や和服などの特殊クリーニングにもしっかり対応してくれるのは大手ならではの強みです。

スワローの公式サイトはこちら

チェーンクリーニング店と宅配クリーニングの比較

多店舗展開しているチェーン店と同時に、自宅やコンビニからクリーニング依頼ができる、実質チェーンクリーニングと同じまたはそれ以上の利便性を誇る宅配クリーニング店もいくつか紹介いたします。

宅配クリーニングの特徴

  宅配クリーニング 店舗クリーニング
受付時間 24時間いつでも 営業時間内。また休日・祝日は混雑が予想される
手間 ネットで申し込めば自宅まで取りに来て、仕上がれば配送してくれる 重たい服を自分で持ち込む必要がある
料金 全国一律 店舗によってバラバラ
仕上がりスピード 最短2日で4日前後でお届け 最短即日(ご自身が引き取りに行けるか次第で変化)
品質 無料オプションがついてるものが多い 通常料金の場合は大体がノーマル仕上げ

クリーニングに出して戻ってくるまでの流れですが、以下のようになります。(こちらはリナビスの例)

  1. 会員サイトに登録して自分が希望するコースや衣類の数を指定します。
  2. 宅配クリーニング屋さんから届くキットに衣類を詰めて集配係に引き渡します。
  3. 後日クリーニングした衣類を発送(リナビスでは冬物のコートなどは半年間保管することも可能)

スマホ1台と家でのちょっとした梱包作業でクリーニングが完了してしまうのが宅配クリーニングの素晴らしいところです。

↓参考:「ホワイト急便」「白洋舎」と人気宅配クリーニング「リネット」の比較

  ホワイト 白洋舎 リネット
ワイシャツ 110円 350円 290円
スーツ(上) 450円 1,230円 950円
スラックス 315円 670円 660円
スカート 315円 600円 660円
ワンピース 1,350円 1,300円 850円
セーター 315円 600円 500円

ワイシャツはホワイト急便が圧倒的に安いですが、それ以外の衣類はリネットと比較してめちゃくちゃ差があるというワケではありません。

加えて「ホワイト急便は品質に難がある」という声もあります。(参考記事:ホワイト急便の評判や口コミは?意外に悪評が目立つ印象!

その点宅配クリーニングは送った衣類を最新設備の工場で専属の職人の元で丁寧にクリーニングしてくれるので、全国どこでも高品質。

また、重い衣類をお店まで運ぶ必要がなく、すべての作業が自宅で完結するのも特徴です。

宅配クリーニングの一般的な流れ

クリーニングに出して戻ってくるまでの流れは以下の通り。(こちらはリナビスの例)

1.会員サイトに登録して自分が希望するコースや衣類の数を指定します。

2.宅配クリーニング屋さんから届くキットに衣類を詰め、集荷に着た運送会社へ引き渡します。

3.後日クリーニングした衣類が自宅へ返却されます。

スマホ1台と家でのちょっとした梱包作業でクリーニングが完了してしまうのが宅配クリーニングの素晴らしいところです。

おすすめ1位:コスパ最高の「リネット」がおすすめ!

宅配クリーニングの中でもかなりおすすめなのがリネットです。イチオシなのは値段×品質のコスパが良いことです。

  リネット やなぎ屋 白洋舎

ポニークリーニング

ホワイト急便
ワイシャツ 290円 120円 350円 220円 150円
スーツ(上) 950円 649円 1,230円 700円 650円
ブラウス 550円 499円 600円 350円 430円

価格面で言えばリネットはやなぎ屋やホワイト急便に負けています。ですが重い衣類を持ち運ぶことなく、全国どこでも高品質のクリーニングを注文することができます。

リネットレビュービフォーアフター

襟部分の黒ずみがキレイになりました。

テレビ番組の「がっちりマンデー」や「王様のブランチ」でも特集をされており、多忙なビジネスマンや育児に追われるママさんの注目を集めています。

プレミアム会員登録で初回限定クリーニング代30%OFF+加工仕上げオプション無料で利用することができます。

※プレミアム会員は初回2ヶ月無料+解約に関する違約金はありません。お試し利用の場合でもプレミアム会員登録をした方がお得です。

\初回限定30%オフ+送料無料/

リネットの公式サイトはこちら

おすすめ2位:スーツやコートなどのまとめ出しは「リナビス」

普段から着る服は「リネット」の方が料金的にお得ですが、冬物などのシーズン限定物やブランド品は「リナビス」をオススメします。

リナビスでは、地域密着の職人が細かい手作業で行うクリーニング宅配の要素が合わさったサービスを提供しています。

20年以上のキャリアを誇る職人たちが「おせっかい」と言われるくらいキメ細かいクリーニングを提供してくれます。「人の顔が見えないから不安」という宅配クリーニングに関する悩みを払拭してくれること間違いなしです。

 

そのキメ細かい仕事の様子は東京テレビ2018年6月7日の「カンブリア宮殿」にも取り上げられ、「頼んでもいないのに、預かった衣類の気になる箇所を修繕して一番いい状態に戻してくれた」とそのおせっかいさに注目が集まっていました。

 

リナビスの料金は点数制でどれでも10点預けて10,800円というような形を取っています。そのためワイシャツやTシャツなどの普段着を定期的に出す分には割高になってしまいます。

ですが「高いブランド品や衣替えでコートなどをクリニーングに出しまくりたい」という人には割安利用が可能ででしかもベテラン職人ばかりなので安心して預けることができます。

 

またリナビスでは「最大6ヶ月の長期保管」が無料で利用することができます。衣替えの場合であれば冬物や春物などの1シーズン限定のコートをクリーニングに出したついでに預かってもらえば、置き場所を圧迫しないで済みます。

リナビスの公式サイトはこちら

おすすめ3位:絶対に失敗をしたくない高級ブランド品を出すなら「キレイナ」

宅配クリーニングというと、「本当に安心なの?」「適当になって帰ってくるんじゃないの?」という心配があると思います。キレイナではそんな不安を吹き飛ばすようなハイクオリティなクリーニングを行っています。

  • 元々ウェディングドレスや 歌劇団の舞台衣装のクリーニング・メンテナンスを行っていたプロ集団
  • 女性ならではの細やかな気遣い、丁寧な仕事は、同性の女性からも評価されるほど
  • しみや黄ばの除去はもちろん、にじみやカビ、色褪せた色の修正技術を持っています

値段という意味では、後述するリネットには負けるものの、ブランド品のカットソーやスカート、ポンチョ、ジャケットやパーティドレスやウェディングドレスなどもOKなハイクオリティなクリーニングは業界最候補と言っても過言ではありません。

キレイナの公式サイトはこちら

おわりに

まとめると料金面で安いチェーンクリーニング屋さんはホワイト急便になります。

ただ、安く高品質のクリーニングを頼みたいなら宅配クリーニングの検討も是非してみてください。

チェーン型のクリーニング店の場合は、大量の衣類を安い料金でさばかないといけないので、職人が1点1点細かくチェックして適切な洗濯方法を提供することが難しいです。

それに比べ宅配クリーニングは、店舗を持たない事でコストダウンを大幅に抑えていますから、検品の時点から職人が1点1点目を通しクリーニングを行っています。

ですので、「クリーニング屋まで遠い」「毎日仕事や家事が忙しくて持ち込めない」「衣類の量が多くて運ぶことが困難」という悩み以外にも、質の高いクリーニングを行いたい方もご検討ください。

洗濯ナビ編集部

宅配クリーニングのヘビーユーザーです。「宅配クリーニングの比較」「地域のクリーニング屋さん」「洗濯方法」など、洗濯に関する情報をお届けしています。

宅配クリーニングの利用者が教えるおすすめの厳選5社を徹底比較

日々の家事を解決する方法の1つとして最近利用者が増えてきているのが宅配クリーニング。

とはいえ、宅配クリーニングサービスはたくさんあるのでどこを選べば良いのか悩みます。

そこで、実際に人気の宅配クリーニングサービスを比較して5社までに絞り込みました。

価格だけでなく、利便性、スピード、保証(トラブル対応)、品質など、細かく比較したので是非ご覧ください。

クリーニング業者比較
洗濯ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました